浮気調査の契約での注意点

 

どの探偵社も親身に相談にのってくれますが、親切だからといって「できる探偵」とはなりません。調査方法はあらゆる場面を想定した提案をしているか、どのよなな機器を使用して調査をするのかなどを確認する必要があります。

 

また、調査費用については、基本料金や延長料金、追加料金、経費の算出方法などもきっちり説明を求めましょう。

 

調査をすると、発生するかもしれない依頼者のリスクなどの説明がされればちゃんとした探偵社だといえます。甘い同情の言葉ばかり羅列するような探偵社はだめです。

 

そして「契約」ですが、双方の納得の上で結ぶのが「契約」です。
契約をせかせたり、無理やり契約させたり、相談時間が短くすぐ契約にもって行こうとする場合は、その場での契約はしない方が良いでしょう。

 

契約を急ぐ探偵は、相談者の弱みにつけ込んで、調査費用もいつの間にか大幅にふくらんでしまう可能性があります。こんな時は、一旦冷静に考え直す必要があります。

 

契約書を交わすことになったら、契約書には会社名、住所、調査内容、調査期間、調査料金、延長料金などについてきちんと記載されているかを確認します。
小さな文字で書かれたような「注意事項」などがあっても、必ずよく読んでわからないことは説明を受けて納得した上でサインしましょう。そして必ず控えを受け取りましょう。

金銭トラブルにならないため

 

浮気調査の契約での注意点
優良な探偵社との間ではあまり聞かないトラブルですが、多くの探偵社がある中でトラブルを起こす探偵社が少なくないのが実情です。

 

トラブルの中でも金銭にまつわるトラブルが一番多いようです。
見積書の金額とは違う多額の請求をされたということが多いのです。こういったトラブルは後を絶たず、契約前にしっかり確認をしておくことが大切といえます。

 

大手の探偵社では料金設定をわかりやすくしているところが多いのですが、たくさんある探偵社の中には最初から料金設定をわかりにくくしたり、依頼者の精神状態が不安定なのをいいことに、聞かれてもあいまいな説明でごまかしている業者も存在します。

 

また、調査段階で調査対象者の行動によっては費用がかさむ場合がでてきます。
予定になかった宿泊や、高級レストランやタクシーなどは、かなりの費用がかかります。こんな場合は依頼者に費用の増額になることをたずねるのが優れた探偵社ですが、中には事後報告になる探偵社もあります。こういったことも契約書に記載があるかどうかを確認しておくことが大切になります。

 

調査をした内容とともに、かかった費用も詳細に書類で提出するのが当たり前ですが、悪徳業者は経費や実費の詳細を省いたり、説明をせずにいきなり多額の請求をしてきます。

 

こうしたトラブルを避けるためには探偵社を選ぶ段階から注意をしなければならないのです。精神的にまいっているため、やさしく接してくれるとつい契約してしまうのでしょうが、やさしいだけでは良い探偵社とはいえません。
探偵に関する口コミなどで今までのトラブルをチェックして参考にしましょう。