浮気の実態は

 

浮気の証拠をつかむために探偵が尾行したり、張込みをする場面。テレビドラマなどでよく見ます。しょせんテレビの話、と思っていませんか。

 

実は浮気調査を探偵に依頼する人が増えているんです。
探偵の仕事の中でもこの浮気調査はダントツで、一番多いのだそうです。

 

探偵や興信所に寄せられる浮気の相談は年々増加傾向にあります。そのうち男性からの相談は全体の3割、女性は7割と、男性の浮気や不倫が多いのが現状です。

 

浮気をしているとして調査をする対象者の年代は、20代が2割、30代・40代が6割、50代・60代が2割となっています。

 

働き盛りで、収入も安定していて体力もある年代の男性が浮気や不倫をしやすいことがわかります。

浮気調査をする理由

 

浮気の実態は?

 

なぜ浮気調査が多いのか。理由は二つあります。

 

・浮気や不倫のため
最近は出会い系サイトなど、簡単に異性と知り合える。中には主婦がお小遣い稼ぎで仕事にしていることも。浮気をしているかどうかをはっきりさせたい場合など探偵に調査依頼する人が増えているのです。

 

・離婚するため
浮気や離婚が増えれば離婚も増えるという公式。昔の古い夫婦の形が崩れて子どものために我慢するという夫婦が少なくなりました。離婚して慰謝料や養育費を少しでも多くもらうためには有利な離婚をしなければなりません。なので調査依頼をすることになります。

 

テレビの特集番組などで、探偵の活躍を見たり、インターネットの普及で探偵の存在が身近になったこともあって、昔ほど探偵を特別視する人がいなくなったことで探偵に調査依頼がしやすくなったともいえます。